物流ニッポン > 阪九フェリー/新門司―泉大津、新船「ひびき」あす就航 瀬戸内海で最大級
物流企業
2015/04/20

阪九フェリー/新門司―泉大津、新船「ひびき」あす就航 瀬戸内海で最大級

t.kokudo
物流ニッポン

 阪九フェリー(米田真一郎社長、北九州市門司区)の新船「ひびき」が21日、新門司-泉大津航路に就航する。新船投入は、1月22日から同航路で就航中の「いずみ」に次いで2隻目となる。
 新船は総トン数1万6千トン。全長195メートル、幅29.6メートルで、航海速力は23.5ノット。瀬戸内海の就航船として最大級で、トラックは40台増の277台(12メートル換算)を積載できる。
 現行船より船幅が1レーン大きくなったことで、トラックの積載台数は大幅に増え、省エネ設計で環境負荷の低減にも配慮した。船内のテーマは「わのおもてなし」と「日本の四季」。露天風呂や船首からパノラマビューを堪能できるフォワードサロン、広い展望デッキを設け、トラックドライバーに癒やしの空間と快適な海上ホテルの船旅を提供していく。
 同社では現在、新門司―泉大津(1便体制)、新門司―神戸(1便体制)の2航路で計4隻が就航している。(武原顕)
【写真=トラックは現行船より40台増の277台が積載できる】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト