物流ニッポン > <トップに聞く>丸紅ロジスティクス社長・細田盛継氏 国内基盤固め海外へ 経営的視点でロジ提供
団 体
2015/04/16

<トップに聞く>丸紅ロジスティクス社長・細田盛継氏 国内基盤固め海外へ 経営的視点でロジ提供

t.kokudo
物流ニッポン

 丸紅の100%子会社であるロジパートナーズと丸紅物流の合併により、丸紅ロジスティクス(細田盛継社長、東京都千代田区)が4月1日に誕生した。国内3PL(サードパーティー・ロジスティクス)と海外フォワーディングの両事業領域を統合し、サプライチェーン全体の最適化を図るロジスティクスソリューションを提供するのが狙い。細田社長は「経営的視点に基づくロジスティクスを提案したい」と意気込みを語る。
 ――合併に踏み切った理由は。
 ロジパートナーズと丸紅物流でサービス分野をすみ分けてきたが、荷主が海外展開を加速する中、国内にとどまらず、海外での在庫保管や3国間輸送を含むクロスボーダー物流の要請が増加している。顧客のニーズに対応するには両社の統合が必要と判断した。物流業界で勝ち残るために何をすべきか――という危機意識が推進力となった。
 ――18年3月期のグループ売り上げは525億円を目標に掲げる。
 15年3月期のグループ売り上げは約330億円。事業規模を1.6倍にする計画だが、目標達成の道筋は見えている。通関事業者(インターフォワードシステムズ)を2014年12月にM&A(合併・買収)したのに続き、10月1日付でアシックス物流(戒井治社長、兵庫県西宮市)の全株式を譲り受け、同社の親会社であるアシックスの国内物流業務を受託する。新規顧客開拓などが順調に推移すれば、17年3月期に525億円を突破できるだろう。次の段階は1千億円を視野に入れる。
 ――セグメント別の営業戦略は。
 国内はシェアを取っていくのが先決。スポーツ・アパレル、菓子・食品、ペットフード、紙など、得意な分野をより一層伸ばす。運賃などのコスト上昇が進む中で物流共同化を進め、潜在的なニーズを取り込みたい。例えば、14年4月に開始したペットフードの共同配送は業界初の挑戦。今後もこうしたサービスを積極的に提供する。16年3月期の国内事業の売り上げは205億円を見込む。国内の基盤を固めながら、海外に打って出ていく。
 ――国際・海外事業もシナジーを追求する。
 16年3月期の国際・海外事業規模は230億円程度と予想している。国際物流が成長戦略の命運を握るが、ネットワークが不足している。ASEAN(東南アジア諸国連合)や中国、米国に注力していく方針の下、4月からベトナム、シンガポール、タイ、米国に駐在員を増員する。その他の地域への駐在員配置も検討しており、海外ニーズに即応できる準備を進めている。
 ――丸紅ロジスティクスの特徴を挙げると。
 商流と物流の一体型の機能を活用し、企画から現場運営に至るサービスを自社で完結できるのは、他社に負けない強みだ。お客さまと接して感じるのは、全体最適の視点を有しているか否か。単品の効率性は追求しても、広い視野では果たしてどうか、という疑問を経営者が抱いている。物流への関心がそれだけ高まっているのだと思う。これからの物流は共同化が最大のテーマとなる。高度な専門性を身に着けた人材を育成していく。文・写真 沢田顕嗣
 ほそだ・もりつぐ 1958年1月生まれ。82年一橋大学商学部を卒業、丸紅入社。運輸通関部、輸出運輸部、米国勤務などを経て、2000年4月物流保険事業部物流事業課長。02年泰国ESCO社社長、08年4月丸紅・物流企画営業部副部長、09年4月丸紅物流執行役員、12年6月丸紅物流社長。4月から現職。
 ◆企業メモ◆ 丸紅傘下のロジパートナーズと丸紅物流が合併し4月1日付で設立。資本金2億円、従業員数864人。サードパーティー・ロジスティクス(3PL)、国際複合一貫輸送、貨物利用運送、海運仲立、船舶貸渡、航空運送代理店、一般貨物自動車運送、倉庫、コンサルティングなどを展開している。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト